お知らせ

ホーム > 拓殖大学情報NOW > お知らせ > 一般・企業 > 第68回二紀展に本学卒業生の画家・小柳吉次さんの作品が展示中

お知らせ

第68回二紀展に本学卒業生の画家・小柳吉次さんの作品が展示中

本学出身の画家・小柳吉次さん(1967年商学部経営学科卒業)の作品「栖」(P200)も展示されている第68回二紀展が10月15日~27日まで国立新美術館で開催中です。

木枯らしの吹き付ける荒涼とした風景の中に1本の巨大な(リンゴの)古木、そこを栖(すみか)としているらしい2つがいのカラス、北風の音まで聞こえてきそうなファンタスティックな大作。是非、お出かけになってその迫力を鑑賞してください。

現在、小柳氏は二紀会委員、NHK文化センター、昭和女子大学オープンカレッジの講師を勤めるなど活躍中です。また、ボタニカルアートの第1人者といわれ、2年前の青森県褒賞文化功労者賞も受賞しています。日本ボタニカルアート協会会員で著書も多数あります。

141024nikitenn.jpg
「栖」油彩 P200号

ホーム > 拓殖大学情報NOW > お知らせ > 一般・企業 > 第68回二紀展に本学卒業生の画家・小柳吉次さんの作品が展示中

このページの先頭へ