ニュース

ホーム > 拓殖大学情報NOW > ニュース > 教育・学術 > 拓殖大学国際協力研究機構・海外事情研究所/モンゴル戦略研究所共催 「第4回 日本・モンゴル戦略対話 東京会議」を開催しました

ニュース

拓殖大学国際協力研究機構・海外事情研究所/モンゴル戦略研究所共催 「第4回 日本・モンゴル戦略対話 東京会議」を開催しました

拓殖大学海外事情研究所では、モンゴル戦略研究所との共同プロジェクトとして平成24年度より、3回の「日本・モンゴル戦略対話」を実施してきました。

今回の第4回「日本・モンゴル戦略対話」は、拓殖大学国際協力研究機構と海外事情研究所が、モンゴル戦略研究所の専門家と一同に会し、東アジアの平和と安定のために、中国、朝鮮半島、日米関係、防災対策などの戦略的な項目につき報告と討論を実施し、政策立案に寄与する成果を得ることを目的としたもので、中国の軍事動向、日朝協議が東アジアに与える影響、日米関係の現状と課題、防災問題の課題をテーマに、10月2日、3日の2日間にわたり実施されました。

初日の昼食会では、理事長・総長を囲み、記念品の授与を行いました。

1日目 第1セッション 「東アジアと日蒙協力」
第2セッション 「中国問題」
第3セッション 「朝鮮半島」
2日目 第4セッション 「中国の軍事力をどう見るか」
報告者 ガンバット所長(モンゴル戦略研究所)
ドルジ中国・東アジア研究センター長(モンゴル戦略研究所)
渡辺利夫総長・機構長(拓殖大学)
川上高司所長・教授(海外事情研究所)
澁谷 司教授(海外事情研究所)
名越健郎教授(海外事情研究所)
富坂 聰教授(海外事情研究所)
杜 進教授(国際学部)
武貞秀士特任教授(海外事情研究所)
宮本 悟特任教授(聖学院大学)
中川義章陸将 他
141015_symposium_01.JPG141015_symposium_02.JPG

ホーム > 拓殖大学情報NOW > ニュース > 教育・学術 > 拓殖大学国際協力研究機構・海外事情研究所/モンゴル戦略研究所共催 「第4回 日本・モンゴル戦略対話 東京会議」を開催しました

このページの先頭へ