拓殖大学関連の刊行物

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『タタ財閥』 小島眞 拓殖大学国際学部教授(著)

拓殖大学関連の刊行物

『タタ財閥』 小島眞 拓殖大学国際学部教授(著)

080228kojima.jpg近年、インドはITソフトウェアの分野のみならず、鉄鋼業、自動車産業など製造業の分野でも目覚しい発展を遂げているが、それを大きくリードしているのが1868年創業でインド最大の企業グループであるタタ財閥である。

タタ財閥のユニークな点は、社会的責任(CSR)と高収益を両立させつつ、「グローバル企業」への脱皮を図っていることである。

本書ではタタ財閥の経営理念が明らかにされるとともに、グループ企業4社(TCS、タタ・スチール、タタ・モーターズ、タタ・パワー)の最新動向が分析されている。

 

出版社 / 発行

東洋経済新報社/2008年02月28日

 

 

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『タタ財閥』 小島眞 拓殖大学国際学部教授(著)

このページの先頭へ