拓殖大学関連の刊行物

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『日本が拉致問題を解決できない本当の理由』 荒木和博(海外事情研究所教授) 著

拓殖大学関連の刊行物

『日本が拉致問題を解決できない本当の理由』 荒木和博(海外事情研究所教授) 著

日本が拉致問題を解決できない本当の理由拉致問題は日本にとって現在最大の安全保障上の問題である。核やミサイルは少なくとも直接の被害はもたらしていないが、拉致はまだ多数の被害者が北朝鮮に捕らわれたままであり、さらに今も北朝鮮は拉致を行っている可能性がある。直接的な被害がありながら、わが国政府はこれに有効な予防的対処をしてこなかったし、拉致されている人たちについても「帰国」を求めるだけで「救出」という意識は極めて希薄である。

朝鮮半島問題を研究する者として、また拉致被害者救出運動に携わるものとして、なぜ拉致が行われ、わが国はなぜそれを防げないのか、これからどうすべきなのかについて書いたのが本書である。運動をしながら分析をするのは、戦場で鉄砲を撃ちながら「戦争とは」という原稿を書くようなもので、試行錯誤の繰り返しである。お読みいただいた方からの反論、意見を期待している。

 

出版社 / 発行

草思社/ 2009年7月1日

 

著者

荒木和博荒木 和博 (あらき かずひろ)
昭和31年東京生まれ。民社党本部勤務、現代コリア研究所研究部長等を経て現在海外事情研究所教授。特定失踪者問題調査会代表。戦略情報研究所代表。国家基本問題研究所評議員。予備一等陸曹(技能公募・朝鮮語)。著書に『内なる敵をのりこえて』『拉致 異常な国家の本質』他。

 

 

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『日本が拉致問題を解決できない本当の理由』 荒木和博(海外事情研究所教授) 著

このページの先頭へ