拓殖大学関連の刊行物

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『人間ドックが「病気」を生む』  渡辺利夫(拓殖大学学長) 著

拓殖大学関連の刊行物

『人間ドックが「病気」を生む』  渡辺利夫(拓殖大学学長) 著

「健康」に縛られない生き方

人間ドックが「病気」を生む 「私は健康診断をやめました」
人間ドックや定期健診を受けないことで、みずからの人生をまっとうすることができる。

経済学の第一人者が、現代医療の問題点と日本人の死生観を追究、病んだ「健康」幻想から、「あるがまま」に心を解き放つための一冊。

 

出版社 / 発行

光文社 / 2009年9月25日

 

著者

渡辺利夫渡辺 利夫 (わたなべ としお)
拓殖大学学長。1939年山梨県甲府市生まれ。慶応大学院博士課程修了。経済学博士。おもな著書に「成長のアジア 停滞のアジア」「神経症の時代」「種田山頭火の死生」「私のなかのアジア」などがある。

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『人間ドックが「病気」を生む』  渡辺利夫(拓殖大学学長) 著

このページの先頭へ