拓殖大学関連の刊行物

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『立国の礎(いしずえ)-ものづくり 国づくり-』 小林一也(拓殖大学名誉教授)著

拓殖大学関連の刊行物

『立国の礎(いしずえ)-ものづくり 国づくり-』 小林一也(拓殖大学名誉教授)著

立国の礎(いしずえ)-ものづくり 国づくり-グローバル化の進行、低迷を続ける日本経済に、ものづくりと先端技術という、伝統と近代化の光を当て、母国の行く末を占ってみた。

さらには、少子・高齢化の前途を見つめ、心・技・体に向かう教育論に言及し、教育により育成される人間の属性(学力・知力)より、人類の目的として大切な特性の涵養についても追ってみた。

 

出版社 / 発行

実教出版 / 2010年2月

 

著者

小林一也小林 一也(こばやし・かずや)
昭和3(1928)年新潟県柏崎市生まれ。拓殖大学名誉教授、日本工業技術教育学会名誉会長。中学校教諭、高校教諭、指導主事、高校長、大学教授、幼稚園長をはじめ、東京都立工業技術教育センター指導部長、全国工業高等学校長協会理事長等を歴任。東京工業大学、早稲田大学の非常勤講師も務めた。

 

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『立国の礎(いしずえ)-ものづくり 国づくり-』 小林一也(拓殖大学名誉教授)著

このページの先頭へ