拓殖大学関連の刊行物

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか』 荒木和博(海外事情研究所教授)著

拓殖大学関連の刊行物

『なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか』 荒木和博(海外事情研究所教授)著

『なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか』
荒木 和博(海外事情研究所教授)著

『なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか』 私は20年前から「北朝鮮は崩壊する」と言ってきた。その認識に変わりはないが、とにもかくにもこの間あの体制が延命していることは事実である。その理由について検討したのが本書である。その過程は同時に戦後日本の醜い姿と向き合うことにもなった。

 

出版社 / 発行

光人社/ 2011年10月19日

 

著者

荒木和博荒木和博 (あらき かずひろ)
昭和31年東京生まれ。民社党本部勤務、現代コリア研究所研究部長等を経て現在海外事情研究所教授。特定失踪者問題調査会代表。戦略情報研究所代表。国家基本問題研究所評議員。予備一等陸曹(技能公募・朝鮮語)。著書に『内なる敵をのりこえて』『拉致 異常な国家の本質』他。

ホーム > 拓殖大学情報NOW > 拓殖大学関連の刊行物 > 『なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか』 荒木和博(海外事情研究所教授)著

このページの先頭へ