スポーツ

ホーム > 拓殖大学情報NOW > スポーツ > ボクシング > ボクシング年間優秀選手に拓大から4名選ばれました

スポーツ

ボクシング年間優秀選手に拓大から4名選ばれました

日本ボクシングコミッション、日本プロボクシング協会、日本アマチュアボクシング連盟などが主催する【2011年度年間優秀選手表彰式】が、1月25日東京ドームホテルで多くの報道関係者を集めて行われました。

プロ男子の部では、7部門の賞の中の3つを拓大出身者が獲得し、アマの部では6部門のうち2つを現役拓大生と卒業生が獲得しました。

 

プロ男子の部

  • 技能賞 WBA世界スーパー・フェザー級チャンピオン 内山 高志(2002年卒)
  • 敢闘賞 WBA世界ミニマム級チャンピオン       八重樫 東 (2005年卒)
  • KO賞 WBA世界スーパー・フェザー級チャンピオン  内山 高志(2002年卒)

 

アマの部

  • 優秀選手賞 自衛隊体育学校 鈴木 康弘(2010年卒)
  • 敢闘賞 バンタム級国体優勝  藤田 大和(国際学部1年生)

 

写真(左から 鈴木選手、内山選手、中洞監督、八重樫選手、藤田選手)
写真(左から 鈴木選手、内山選手、中洞監督、八重樫選手、藤田選手)

ホーム > 拓殖大学情報NOW > スポーツ > ボクシング > ボクシング年間優秀選手に拓大から4名選ばれました

このページの先頭へ