スポーツ

ホーム > 拓殖大学情報NOW > スポーツ > ボクシング > 第1回 女子ボクシングチャレンジマッチが開催されました

スポーツ

第1回 女子ボクシングチャレンジマッチが開催されました

トロフィーを手に勝利の喜びを語る伊藤さん
トロフィーを手に勝利の喜びを語る伊藤さん

アマチュア女子ボクシングの競技発展を目的に、初の有料興業となる「第1回 女子ボクシングチャレンジマッチ」が4月2日、東京・後楽園ホールにて開催されました。

フライ級には、本学商学部4年の伊藤沙月さんが出場し、芦屋大学1年の千本瑞規さんと戦い、判定で快勝しました。

8試合の他に2試合のエキシビションマッチがあり、ロンドンオリンピックライトミドル級日本代表、鈴木康弘さん(2010年拓殖大学政経学部卒業・現在自衛隊体育学校)と髙橋 諒さん(たかはしまこと/本学 政経学部4年・ボクシング部員)の試合・3分2ラウンドもあり、多くの本学学生、卒業生が応援に駆けつけました。観客席にはWBAスーパーフェザー級王者の内山高志さん(2002年本学政経学部卒)の姿もありました。

外は冬に戻ったような冷たい雨の夜でしたが、後楽園ホールは熱気に包まれ、歓声と拍手が止むことのない盛り上がり状態でした。

拓大ボクシング部の先輩・後輩のエキシビジョン勝敗なし
拓大ボクシング部の先輩・後輩のエキシビジョン勝敗なし
後楽園ホール試合光景
後楽園ホール試合光景

ホーム > 拓殖大学情報NOW > スポーツ > ボクシング > 第1回 女子ボクシングチャレンジマッチが開催されました

このページの先頭へ