スポーツ

ホーム > 拓殖大学情報NOW > スポーツ > ボクシング > ボクシング部「全日本王座決定戦」凱旋報告

スポーツ

ボクシング部「全日本王座決定戦」凱旋報告

大学役員を前に行われた報告風景
大学役員を前に行われた報告風景

12月16日八王子キャンパスにおいて、12月8日の全日本王座決定戦で関西大学を制し日本一となった本学ボクシング部の代表者が大学役員にこの度の優勝の報告をしました。

甲斐部長(国際学部教授)、中洞監督、鈴木コーチとともに優勝旗を手にした斎藤晶主将、(4年経済学科・会津工業高校)、優勝カップを持った高橋諒、(4年経済学科・酒田工業高校)、また、最優秀賞を受賞した藤田大和(3年国際学科・倉敷高校)、技能賞を受賞した藤田健児(2年国際学科・倉敷高校)の4名の代表選手が理事会議室で本学役員と対面し、部長、監督から試合内容の説明がありました。

今回は4年ぶり8回目の日本一でしたが、いい選手が集まっているので次のオリンピックで金メダルにも十分挑戦できるとの部長の説明に大きな拍手が送られました。

 左から斎藤選手、髙橋選手、鈴木コーチ、甲斐部長、中洞監督、藤田健児選手、藤田大和選手
左から斎藤選手、髙橋選手、鈴木コーチ、甲斐部長、
中洞監督、藤田健児選手、藤田大和選手
文京キャンパスに優勝を讃える看板が設置されています。(八王子キャンパスには1月6日設置予定)
文京キャンパスに優勝を讃える看板が設置されています。
(八王子キャンパスには1月6日設置予定)

ホーム > 拓殖大学情報NOW > スポーツ > ボクシング > ボクシング部「全日本王座決定戦」凱旋報告

このページの先頭へ