スポーツ

ホーム > 拓殖大学情報NOW > スポーツ > レスリング > レスリング部、「内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会優勝」で文京区長から表彰されました

スポーツ

レスリング部、「内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会優勝」で文京区長から表彰されました

本学レスリング部は、昨秋「内閣総理大臣杯全国大学レスリング選手権大会」において団体で3年間連続5回目の総合優勝を果たした功績に対し、1月17日、成澤廣修文京区長から表彰状を授与されました。

この日、同部 須藤元気監督、74Kg級で優勝した高谷惣亮選手(経済4年)、同準優勝 福田翼選手(経営4年)、「全日本グレコローマン選手権大会」60Kg級個人優勝の矢野慎也選手(経済4年)の4名で文京区役所を訪問し、成澤区長、瀧副区長、文京区スポーツ振興課の方々の出迎えを受けました。

成澤区長は、挨拶の中で「文京区にある拓殖大学がさまざまな活躍をしているのは本当に喜ばしく、区民も元気づけられている。今後とも頑張ってほしい。来年の国民体育大会、今秋のプレ国体で文京区がレスリング会場になるので、区民のレスリングに対する関心も さらに高まるものと思う」と述べられました。

挨拶に続き、内閣総理大臣賞を獲得した拓殖大学レスリング部と、天皇杯全日本選手権を制した高谷選手に表彰状とお祝いが授与されました。

高谷選手は懇談の中で「今、全日本の強化合宿中ですが、3月に行われるアジア選抜でオリンピックの出場権を勝ち取ることが1番の目標です」と語りました。

キャプション01
成澤区長と須藤監督

120117wrestling02.jpg
前列左から 高谷選手、須藤監督、成澤区長、瀧副区長 後列左から 矢野選手、福田選手

ホーム > 拓殖大学情報NOW > スポーツ > レスリング > レスリング部、「内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会優勝」で文京区長から表彰されました

このページの先頭へ